メインイメージ画像

式場を選ぶ際に重要視する事

冠婚葬祭に一番重視する事と言えば、式場の選択があるでしょう。数ある式場の中から決めていく大変さも楽しさもあるでしょう。担当の人柄や日付式場の場所も検討しますが、最も重要なのは料理の質ではないかと思うのです。式場の内と外、ドレスの種類、式の演出などもちろん大事ですが、広い年代の列席者の全てが一番印象に残る事は料理であると言いたいです。料理が最高なら感激してとても良い式だったと全員に納得してもらえる可能性が高いのです。

結婚式に参列する場合は、正礼装が良いのですが、友人や同僚でしたら準礼装や略礼装で大丈夫です。女性でしたら和洋どちらも選べるので、多くの中から選んでいいのです。男性は黒限定ですので、女性でしたら綺麗な色のドレスや着物を選べは華やかになります。注意すべきは、純白は花嫁のための色ですので、選ばないようにして下さい。滅多にない事ですので、女性たちは無難な色や地味なスーツは避けて、美しい色合いで参加して自分も楽しんでみるとよいですね。

冠婚葬祭のジャンルで、結婚式がすぐに浮かびます。結婚式では夫婦になる2人にお祝いの言葉を贈る時や、挨拶をする時は忌み詞と言われている、分かれる、切れるの言葉を使う事はいけない事です。理由は言葉の響きのように、別れや切れることを思わせるからです。おめでたい席で、瞬く間に参列者が凍りつき、新郎新婦やその周りの人々にとても失礼なマナー違反なのです。これから素晴らしい日々を開始する夢のある2人に、濁りをつけてしまうと言っても過言ではないと言えます。